宮本忠長建築設計事務所



◆宮本忠長建築設計事務所2012年7月1日現在

名称
株式会社宮本忠長建築設計事務所【みやもとただながけんちくせっけいじむしょ】

所在地
 
〒381-0012 長野県長野市大字柳原1875-1
TEL:026-241-5510  FAX:026-243-0187

ホームページURL

http://www.t-miyamoto.co.jp

JIHa登録代表者
代表取締役会長 宮本 忠長

医療福祉施設担当
取締役 業務統括本部長 荻原 白

法令による登録
一級建築士事務所
長野県知事登録 (長野) J 第43221号
登録年月日 2009年 3月22日

支店等

技術者数
一級建築士16名、二級建築士 3名、構造設計一級建築士 2名、設備設計一級建築士 1名、建築構造士 1名、建築積算士 4名、APECエンジニア 1名、CASBEE建築評価員 1名 ほか

業種項目
建築の設計監理 (構造・設備・インテリアを含む)
地域計画 (都市・市街地再開発計画、町並修景計画)
コンサルタント業務 (建築土木環境デザイン企画立案)
調査業務 (建物実測・利用価値評価・耐力度調査)

受賞歴
・ケアポートみまき(1996年医療福祉建築賞)
・松本市美術館(第44回BCS賞、第60回日本芸術院賞、第12回公共建築賞優秀賞)
・北九州市立松本清張記念館(第41回BCS賞、第2回北九州市都市景観賞)
・森鴎外記念館(第3回しまね建築賞第9回甍賞、公共建築百選(建設省))
・信州高遠美術館(第8回甍賞、第6回公共建築賞)
・長野市立博物館(昭和56年度日本建築学会賞、第2回公共建築賞、公共建築百選(建設省)、JIA25年賞)
・山村文化交流の郷 いぶき館(福岡県美しいまちづくり賞)
・小布施町並修景事業(平成3年第32回毎日芸術賞、昭和62年第12回吉田五十八賞)

作品割合
文教施設系 41.5%、医療・福祉系17.6%、生産施設系 13.7%、住宅系 10.9%、耐震診断・調査 8.0%、商業施設系 5.3%、事務所系 3.0%

主要作品
医療施設
おさか循環器クリニック[伊那市]2011
○安曇野赤十字病院[安曇野市]2011
山田記念 朝日病院[長野市]2009
○たけい歯科クリニック[千曲市]2009
○しのざきこどもクリニック[松本市]2007
○小見山医院[松本市]2007
特定医療法人 新生病院[小布施町]2006
○飯山赤十字病院[飯山市]2003
福祉施設
○特別養護老人ホーム高瀬荘[池田町]2011
○シニアパレス レインボー及び東館[長野市]2010
○老人短期入所生活介護施設ホスピスケア朝日[長野市]2010
○JA長野厚生連鹿教湯三才山リハビリテーションセンター介護療養型老人保健施設「いずみの」[上田市]2010
○認知症対応型共同生活介護施設グループホーム朝日[高山村]2009
○朝日ホームおんせんリハビリテーションセンター[高山村]2005
○ケアハウスレインボーわかつき[長野市]2003
○特別養護老人ホーム高山おんせん朝日ホーム[高山村]2001
○佐久市臼田総合福祉センター「あいとぴあ臼田」[佐久市]2001
○軽費老人ホームケアハウスあさひ[長野市]2001
○ケア新小岩[東京都]2001
○ケアポートみまき[東御市]1995<医療福祉建築賞 受賞作品>

ひとこと
企画・構想から設計・監理までの総合的設計業務を、一貫した設計チーム体制で行います。長年の実績と経験を活かして、発注者との対話を重視しながら要望・提案を具現化します。

◆作品紹介◆
おさか循環器クリニック
所在地 長野県伊那市
建築主 -
設計 宮本忠長建築設計事務所
施工 宮下建設
構造 S造
階数 地上2階
病床
定員
-
敷地面積 333m2
建築面積 170m2
延床面積 311m2
竣工 2011年3月
特徴 天竜川と国道に面した敷地に対し、景観とプライバシーに配慮。1階におおらかなホール・階段を設け、待合・診察室を2階に配置した。
撮影 (株)ロココプロデュース

山田記念 朝日病院
所在地 長野県長野市
建築主 社会福祉法人ハイネスライフ
設計 宮本忠長建築設計事務所
施工 北信土建
構造 RC造
階数 地上4階
病床
定員
一般病床 48床(個室 8床、2人×6室 12床、4人×7室 28床)
敷地面積 3,718m2
建築面積 1,473m2
延床面積 4,201m2
竣工 2009年6月
特徴 外断熱工法により冷暖房効率をUPし、CO2排出量の削減を実現。各部屋の温度差をなくし、患者・職員に優しい環境に配慮した。
撮影 (株)ミヤガワ

特定医療法人 新生病院
所在地 長野県上高井郡小布施町
建築主 特定医療法人 新生病院
設計 宮本忠長設計・日建設計JV
施工 北野建設
構造 RC造
階数 地上4階
病床
定員
・全体155床
・一般病棟36床
・回復リハビリステーション病棟 40床
・療養型病棟 59床(介護 8床)
・緩和ケア病棟 20床
敷地面積 11,094m2
建築面積 3,841m2(全体 4,093m2
延床面積 9,708m2(全体 9,959m2
竣工 2006年7月
特徴 キリスト教の精神に根ざし、「地域に開かれた病院づくり」を実践してきた長い歴史と、その精神の内面を穏やかに表現した。
撮影 (株)ロココプロデュース

ぺージ先頭へ


Copyright (C) 2001 Japan Institute of Healthcare Architecture. All Rights Reserved.