NTTファシリティーズ



◆NTTファシリティーズ2013年4月1日現在

名称
株式会社 NTT ファシリティーズ

所在地
〒108-0023 東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー
TEL:03-5444-2220 FAX:03-5444-5491

ホームページURL

http://www.ntt-f.co.jp/

JIHa登録代表者
鈴木 耕造(建築事業本部 医療福祉設計室長) 一級建築士No.272676
E-mail: suzuki4g@ntt-f.co.jp

医療福祉施設担当
上記

法令による登録
一級建築士事務所
登録番号/東京都知事登録第35509号
登録年月日/ 平成19年6月15日

支店等
東北支店 北海道支店 東海支店 関西事業本部 中国支店 九州支店

技術者数
構造設計一級建築士 44名 設備設計一級建築士 29名
一級建築士 691名 一級建築施工管理技士 177名
建築設備士 147名 ファシリティマネジャー 749名
インテリアプランナー 67名 建築積算士 166名
CASBEE建築評価員 326名

業種項目
医療・福祉 庁舎 事務所 商業・宿泊 文化 教育・研究・スポーツ 生産・倉庫・物流 住宅

受賞歴
日本建築学会賞 医療福祉建築賞 建築業協会賞(BCS賞) 公共建築賞
インテリジェントアワード賞 日経ニューオフィス賞 BELCA賞 グッドデザイン賞他

作品割合

医療・福祉 0.7%  庁舎 3.6%  事務所 16.0%  商業・宿泊 4.6%  文化 2.1%

主要作品
医療施設
大崎市民病院岩出山分院〔宮城県〕2012
独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター〔神奈川県〕2011
名古屋大学医学部附属病院 外来診療棟〔愛知県〕2011
○東北福祉大学せんだんホスピタル〔宮城県〕2008
○あさひの丘病院〔神奈川県〕2007
○慈雲堂内科病院〔東京都〕2007
○KKR札幌医療センター〔北海道〕2006
○NTT東日本札幌病院〔北海道〕2002
○湯沢町保健医療センター〔新潟県〕2002
○小沢眼科内科病院〔茨城県〕2001 茨城建築文化賞最優秀賞
NTT東日本関東病院〔東京都〕2000 医療福祉建築賞受賞
福祉施設
○特別養護老人ホーム慶寿園〔岩手県〕2013
○知的障がい児施設 向陽学園〔大阪府〕2013
○障害者支援施設 地域生活支援センター 光〔大阪府〕2007 大阪府 心ふれあうまちづくり賞
○有料老人ホーム レストヴィラ 鎌倉常盤〔神奈川県〕2007
○救護施設 菰野千草園〔三重県〕2006 三重県建築賞
○特別養護老人ホーム「きらら藤枝」〔静岡県〕2006
○身体障害者療護ホーム 清湖園〔滋賀県〕2005
○特別養護老人ホーム東雲の丘〔沖縄県〕2005
○菊川市総合保健福祉センター〔静岡県〕2000 公共建築賞優秀賞
ひとこと
私達は、クライアントとの率直な話し合いを積み重ね、奇を衒うことなく、建築を合理的に考え、真摯に取り組みながら、「人にやさしい」というキーワードを最も大切にして、医療・福祉施設の設計に臨みます。

◆作品紹介◆
独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター
所在地 神奈川県横浜市戸塚区
建築主 独立行政法人 国立病院機構
設計 (株)NTTファシリティーズ
施工 (株)大林組横浜支店
構造 RC造 免震構造
階数 地上7階
病床
定員
510床(一般470、精神40)
敷地面積 55,289m2
建築面積 10,202m2
延床面積 34,993m2
竣工 2010年11月
特徴 旧国立病院として政策医療推進と、地域医療を永年実践してきた病院であるが、老朽化建物と分散した機能の再構築を目指し、敷地内で全面建替する計画に至った。
撮影

名古屋大学医学部附属病院 外来診療棟
所在地 愛知県名古屋市昭和区
建築主 国立大学法人 名古屋大学
設計 名古屋大学施設管理部
(株)NTTファシリティーズ
(株)総合設備計画
施工 大成建設(株)
構造 RC造一部SRC造、S造
免震構造
階数 地上4階
病床
定員
-
敷地面積 89,137m2
建築面積 非公開
延床面積 非公開
竣工 2009年2月
特徴 多くの人々を迎えいれる病院として、エントランスホールは4層吹き抜けの空間とし、その外皮にダブルスキンのカーテンウォールを配して、隣接する鶴舞公園との一体化を図っている。
撮影
大崎市民病院岩出山分院
所在地 宮城県大崎市
建築主 大崎市
設計 (株)NTTファシリティーズ
(基本設計:(株)日総建)
施工 (株)村田工務所
構造 RC造
階数 地上2階
病床
定員
40床
敷地面積 8,065m2
建築面積 2,188m2
延床面積 3,230m2
竣工 2012年2月
特徴 地域に根ざした病床数40床の病院で、救急医療における本院を中心とする前方並びに後方連携機能,地域医療における主に高齢者を対象とした外来診療と在宅診療などを実践する。
撮影

ページ先頭へ


Copyright (C) 2001 Japan Institute of Healthcare Architecture. All Rights Reserved.