大旗連合建築設計



◆大旗連合建築設計◆ 2015年5月1日現在

名称
大旗連合建築設計株式会社【おおはたれんごうけんちくせっけい】

所在地
〒730-0051 広島県広島市中区大手町3丁目3-27
TEL:082-244-3734 FAX:082-244-2642

ホームページURL

http://www.oohata-arch.co.jp

JIHa登録代表者
大旗 祥 (代表取締役)

医療福祉施設担当
山崎 榮作(専務取締役)
亀竹 弘之(設計統括室 取締役室長)
吉川 均(取締役設計部長)
伊藤 智宏 (取締役 企画統括部長)

法令による登録
一級建築士事務所
 登録番号/広島県知事登録14(1)第1584号
 登録年月日/平成26年3月25日

支店等
なし

技術者数
一級建築士27名、設備設計一級建築士5名、構造設計一級建築士4名、二級建築士5名、JSCA建築構造士2名、建築積算資格者7名、 CASBEE評価員3名、建築コスト管理士2名、建築設備士5名、2級福祉住環境コーディネーター4名、一級建築工事施工管理技士3名、二級建築 工事施工管理技士1名 、一級管工事施工管理技士2名、一級電気工事施工管理技士3名、甲種消防設備士1名、耐震診断・耐震改修技術者RC5名、同S5名、同SRC3名、インテリアコーディネーター1名、2級カラーコーディネーター1名、宅地建物取引主任者2名

業種項目
医療福祉施設、庁舎、教育、文化施設等の公共性の高い施設を主にオフィス、商業施設等の一般建築物の企画、設計監理、耐震診断等

受賞歴

平成25年カーボンニュートラル賞、平成24年しまね景観賞優秀賞、平成18年ひろしま建築文化賞、平成17年度日事連建築賞奨励賞、平成17年優秀照明施設九州支部長賞、平成17年度公立学校優良施設賞(文教施設協会会長賞)、平成15年ひろしま建築文化賞優秀賞、平成13,14年度公立学校優良施設賞、平成12年久留米市第五回建築文化賞、平成7年北九州総合デザイナー協会賞、平成3,6年照明普及賞優秀施設賞、昭和62年広島市優秀建築物、昭和62年呉市優秀建築物 他

作品割合
医療・福祉45%、文化・文教33%、商業・オフィス16%、庁舎6%

主要作品
医療施設
○安芸太田病院「広島県」2015
○金田病院「岡山県」2014
○高陽ニュータウン病院「広島県」2014
○長崎病院「広島県」2014
○公立みつぎ総合病院「広島県」2013
○徳山医師会病院[山口県]2013
○黒川病院[山口県]2012
○宇部西リハビリテーション病院[山口県]2012
○子鹿医療療育センター[広島県]2012
○玉木病院[山口県]2012
○三朝温泉病院[鳥取県]2012
○浜脇整形外科病院[広島県]2011
○JA尾道総合病院[広島県]2011
○普賢ビル[広島県]2009
○福山循環器病院[広島県]2008
福祉施設
○特別養護老人ホーム湯来保養園「広島県」2014
○サービス付き高齢者向け住宅 桜「広島県」2014
○特別養護老人ホーム可部南静養園「広島県」2013
○特別養護老人ホーム桃源の家[島根県]2012
○介護老人福祉施設サンヒルズ広島[広島県]2012

ひとこと
「人と建築の交わりを求めて…」この言葉は創業者である大旗正二が建築を創造するうえで追及してきた哲学であり、また同時に私たちの事務所の基本理念でもあります。
社会資本としての優れた建築をどのように創造すべきかと常に試行錯誤する中で、デザイン・機能・構造・設備等は時代とともに変化していきますが、その建築に関わる(交わる)建築主、利用者、設計者などの人々の想いは不変であるという考えの発露が、「人と建築の交わりを求めて」という言葉であり、現在においても、私たちが建築について考える上での大いなる問となっています。


◆作品紹介◆
宇部西リハビリテーション病院
所在地 山口県宇部市
建築主 医療法人和同会
設計 大旗連合建築設計
施工 奥村組
構造 RC造
階数 地上5階
病床
定員
328床
敷地面積 37,010m2
建築面積 6,801m2
延床面積 19,491m2
竣工 2012年5月
特徴 「地域に根ざした医療、介護のネットワーク」をコンセプトに、病院と在宅支援施設群を整備した新しい形の病院。

JA広島厚生連尾道総合病院
所在地 広島県尾道市
建築主 広島県厚生農業協同組合連合会
設計 大旗連合建築設計
施工 鹿島建設中国支店
構造 RC造
階数 地上8階、地下1階
病床
定員
393床
敷地面積 18,074m2
建築面積 12,148m2
延床面積 41,731m2
竣工 2011年3月
特徴 地域の基幹病院として免震構造を採用した393床の病院。尾道水道を眼下に見下ろす位置に移転新築。
撮影

浜脇整形外科病院
所在地 広島県広島市
建築主 医療法人社団おると会
設計 大旗連合建築設計
施工 奥村組
構造 SRC造
階数 地上10
病床
定員
160床
敷地面積 1,253m2
建築面積 1,090m2
延床面積 9,458m2
竣工 2011年6月
特徴 部門間の連携性、高セキュリティ、院内感染対策、高いメンテナンス性、低ランニングコスト、シンプルデザイン。
撮影

ページ先頭へ


Copyright (C) 2001 Japan Institute of Healthcare Architecture. All Rights Reserved.