病院事業者向け建築講座~施設整備をお考えの方に~

2021年6月5日(土) 受付9:00~

9:30~11:00これからの急性期病院にもとめられるもの筧 淳夫
(工学院大学 建築学部 教授)
医療を取り巻く環境の変化に基づく、施設整備費の考えた方、施設環境の質の評価、安全管理、マネジメントなど、いま求められる急性期病院の施設環境整備のポイントを解説します。
本講義では2019年度課題研究『医療施設の整備プロセスの諸課題に関する研究』報告書の内容を一部取り上げます。
受講申込の際にぜひ併せてお申し込みください。(頒価:4,400円※受講費に含まれません。)
11:10~12:10診療部の運用と計画
~外来・検査・救急・通院治療・手術~
小菅 瑠香
(帝塚山大学 現代生活学部 准教授)
診療活動の中心となる検査部・手術部などの役割と建築に求められる要件を整理し、今後の外来、救急、通院治療に求められる運用と建築計画のポイントを解説します。
13:10~14:10病棟の運用と計画
~病棟・ICU(HCU・CCU)・感染症病室~
竹宮 健司
(東京都立大学 都市環境学部 教授)
在院日数の短縮、入院患者の重症化の背景と共に、病室の個室化、プライバシーの確保、看護単位、看護拠点、設備など各種病室、病棟計画にポイントを解説します。
14:20~15:20建て替え・計画にあたって理解しておくべき法規郡 明宏
(鹿島建設 建築設計本部 建築設計統括グループ 専任マネージャー)
医療法等による施設基準、診療報酬上の基準、補助金などによる基準から具体的な医療施設関係各種施設・設備補助金に係る事業計画に至るまで、建て替え・計画にあたって理解しておくべき法規について、解説します。
15:30~16:30病院経営と建築計画中山 茂樹
(千葉大学 名誉教授)
地域医療構想をはじめ三位一体改革が求められています。これは病院の経営方針を決定づけるものにもなっています。病院建築が医療サービスの場としてあるだけでなく、経営に貢献するものとしてのあるべき姿について考えたいと思います。

建築CPD(継続能力/職能開発)情報提供制度認定プログラム(予定)

申込方法

  1. 下記オーダーフォームにご記入の上、お申し込みください。
  2. 折り返し受講費を記載した受付票をメールにて返信致します。(5営業日以内)
  3. 受付票が届き次第、受講費をご確認の上、指定口座にお振り込みください。
  4. 入金が確認され次第、参加に関するご案内(参加手順)をメールにてお送りします。
    なお、領収書は別途郵送にてお申し込みのご住所宛にお送りします。

*敬称略、タイトル・講師は変更されることがあります。



    病院事業者向け建築講座~施設整備をお考えの方に~ 受講申込書




    受講者1 名前


    受講者2 名前


    受講者3 名前


    受講者4 名前